赤い髪の男が導き出す怪奇、人間生で初めて嗚咽したコミックを紹介したいと想う

「スラムダンク」こういう戯画にはいい意味で裏切られました。
ジャンプに掲載された当初は戯言満載の欠損がエクササイズ取り掛かりちゃうお楽ちん戯画でさらっと掴むハズでした。
でも、その描かれるチャートの賢明さに引き込まれ読んでいくうちに、気付けば単行本も貰うほどはまっていたのでした。

欠損だけど謙虚でちょっとおバカな花道君の甘いキャラはもちろん、ゴリ、小暮名工、流川君そして宮城リョータと、
起きる出現人小物の一癖も二病み付きも生じる習性がさらっと書いているようで丁寧に描かれているため
情熱移入もしやすかっただ。また可愛いバスケときの数々と男のプライドががちがち突き当たる単なるスポコンになりそうなまま、
ぷっと破裂してしまうような「桜木軍団」楽しいレヴューや動向の数々もはまった要因の一つです。

また、金言も多かったです。トップ有名なのは「諦めたらそこで天王山エンドですよ」でしょうか?
9巻の三井寿君の実話は本当に泣けました。
バスケ部をつぶそうとしていた三井君が教員を見た瞬間に、教員に言われた言葉を思い起こし、桜木に殴られ
ボロッボロになった旦那が言った「バスケがしよだ」。今も思い出すだけで涙が出てきます。
我々も三井君同様こういう言葉に感動し、自分の子供たちにも言い聞かせるほど感銘を受けて使っています。
「諦めたらそこで天王山エンド」これは本当に金言だ。

でも、やはり嗚咽始めるほど泣けたのは最後の山王戦のわれらが主力桜木花道の言葉だ。
「中年の光栄世の中は何時だよ、全日本の瞬間か?オレは・・オレは目下なんだよ!!」丈の場合を痛めた
桜木が縁台で言ったその言葉、断固なるモチベーションをした旦那の言葉に戯画を読んでて人生初めて
嗚咽やるほどわめきました。そしてそこからの流川とのは喜びのタッチ!感服させすぎだ井上教員。
おわり方も服装良かったですね、山王戦が終了だったことがまた読者の胸中をわしづかみでした。
戯画にこんなに人の胸中を切り回す力があるとは・・・。

私の人生のの場合でエースは「スラムダンク」と言い切れます。エキサイトフレンズで出会えた軌跡