瞳が低いということは障りです。瞳を改善の一つの方法。

視力。
人間間にとってなけどればならないものの一つである。
最近は眼が酷い人間が非常に多いと想う。
私の動くITこの世は特にそうです。100人間くらい在籍のフロアであるが、眼鏡をかけていない人間の方が乏しいのです。

私の眼が悪くなった原因は、小学生のところ大人間気持ちとなったドラクエ6だ。
朝から晩まで父兄に叱られてもやっていたせいで、今は眼鏡を頼る人間ライフになってしまいました。

眼鏡は非常に迷惑。
特に海、温泉、ジムでは眼鏡をはずす必要があり、そのせいで温泉に浸かりながらの眺めを楽しめなかったり
海では眼が見えないせいで友人と逸れる後片付けだ。
さらにこの季節不便なのが鉄道の中。
湿気が大勢なる結果車内に入っただけで、眼鏡が曇る。そんな眼鏡をかけているだけで笑われるので、問題だがなくす。
これもまた不便なのです。

最近では、レーシックが流行ってきましたがそれは本当に安全なのでしょうか?
あのテクノロジーが取り付けされて、まだ十数年。施術して、老後まで眼鏡が除外だったという人間はおりません。
今は爽やか家計が出来ても老後大変になっては、まさに良好とキリギリスのキリギリス状態だ。

だから私は眼鏡家計だ。
眼鏡生活をして早、20年。もう慣れだ。

ですが、私は小さい頃からケータイやケータイを並べる若者に伝えたい。
眼が悪賢い = 眼に歯止めを持っている。ということを。
バルクオム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です