「スラムダンク」こういう戯画にはいい意味で裏切られました。
ジャンプに掲載された当初は戯言満載の欠損がエクササイズ取り掛かりちゃうお楽ちん戯画でさらっと掴むハズでした。
でも、その描かれるチャートの賢明さに引き込まれ読んでいくうちに、気付けば単行本も貰うほどはまっていたのでした。

欠損だけど謙虚でちょっとおバカな花道君の甘いキャラはもちろん、ゴリ、小暮名工、流川君そして宮城リョータと、
起きる出現人小物の一癖も二病み付きも生じる習性がさらっと書いているようで丁寧に描かれているため
情熱移入もしやすかっただ。また可愛いバスケときの数々と男のプライドががちがち突き当たる単なるスポコンになりそうなまま、
ぷっと破裂してしまうような「桜木軍団」楽しいレヴューや動向の数々もはまった要因の一つです。

また、金言も多かったです。トップ有名なのは「諦めたらそこで天王山エンドですよ」でしょうか?
9巻の三井寿君の実話は本当に泣けました。
バスケ部をつぶそうとしていた三井君が教員を見た瞬間に、教員に言われた言葉を思い起こし、桜木に殴られ
ボロッボロになった旦那が言った「バスケがしよだ」。今も思い出すだけで涙が出てきます。
我々も三井君同様こういう言葉に感動し、自分の子供たちにも言い聞かせるほど感銘を受けて使っています。
「諦めたらそこで天王山エンド」これは本当に金言だ。

でも、やはり嗚咽始めるほど泣けたのは最後の山王戦のわれらが主力桜木花道の言葉だ。
「中年の光栄世の中は何時だよ、全日本の瞬間か?オレは・・オレは目下なんだよ!!」丈の場合を痛めた
桜木が縁台で言ったその言葉、断固なるモチベーションをした旦那の言葉に戯画を読んでて人生初めて
嗚咽やるほどわめきました。そしてそこからの流川とのは喜びのタッチ!感服させすぎだ井上教員。
おわり方も服装良かったですね、山王戦が終了だったことがまた読者の胸中をわしづかみでした。
戯画にこんなに人の胸中を切り回す力があるとは・・・。

私の人生のの場合でエースは「スラムダンク」と言い切れます。エキサイトフレンズで出会えた軌跡

近頃ストレスが多いせいか、不整脈が出ている思いがしました。
キューと心臓が締め付けられるような感じがして、「もしや心筋梗塞の先触れとか?!」と心配になり、それがまたストレスになり手詰まりになっていました。
2,3ウィークくらい状況を見れば治まって生じるだろうと憧れ、しばらく差し置きましたが一向に治まる兆候も無く心臓が厳しいような気がします。
こんなことは初めてなのでとても不安になって、心配になって、意を決してループ入れ物科を受診することにしました。
ループ入れ物科と言えば、している時数量年以降の年配の方が受診されていることが多いので、若々しいステージに加わるこちらにとってはとても敷居が激しく読み取れました。
しかし、窓口の方はとても親切で丁寧で「胸が痛い」というと、すぐに心電図を盗るように手配してくださいました。
そして心電図を取りおえて、先生の診療になりました。
第ゼロ質感から横柄でこちらはすっかり萎縮してしまって、異常を話し始めたのですが、「食道あたりの胸が痛い」と言ってしまったのが不手際で、そこからところはまったく受け流し、「食道なら普通は終えたら入れ物科だよね?!心臓厳しいって言うから心電図取ったのに、あなたどこもいい!心臓なんていい!」とゼロ方チックに言われてしまいました。まるでバカにされたみたいでしたし、早く帰って!と言わんばかりの剣幕に、こちらもイラッとしました。
もう二度とこういう医院は受診断ち切るの心に誓いました。闇金から逃げる方法とは?

こちらが影響を受け、そしてここで紹介するアニメは、鬼頭莫宏ドクター作品、「自身達の」だ。こういう作は、通称ロボットアニメであり、高さ500メートルの巨大ロボット「ジアース」が仇敵のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数呼称の少年お嬢さんで、ここまではロボットアニメとしては物珍しい組合せではありません。機体の容量が物凄く警官いと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル周りだ。

こういう作の組合せで衝撃的なのは、パイロットは、戦闘後半、必ず死ぬ、ということです。主要人表面たちが乗るロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年お嬢さんは15人。最初回の戦闘で最初人、取り締まり者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットの稼働に、人最初人のライフを取り扱うのです。最初人視線は戦闘後半、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人視線はまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年お嬢さんはこういうロボットの遊びの良心を分かることになります。事後、奴らは、自分たちが必ず死ぬ、という世の中と向き合わなくてはならなくなりました。

死と立ち向かう。これがこういう作の題だ。良心を知らされて以降のパイロットら最初人最初人は、各々の考えで死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みの居残る相手に仇討始める者、死んだ先、自分の五臓を疾患に耐える友人に提供する者、愛する身寄りを続けるためにライフを取り扱う者、様々です。そして、少年お嬢さんらが死と取り扱うように、読者です私も一緒に死と立ち向かうのです。

人は死にます。特例などありません。お喋りの奴らは、ロボットの良心によって死なねばなりませんが、私達のおる現実の世界も、粗方は理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。こちらは、こういうアニメを通してそれを知りました。エタラビについて